今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

Maze (2000)

2人の男、1人の女・・・

ん~、トラブル・・・?

トゥレット症候群のアーティスト、ライル・メイズ。親友のマイクとそのガールフレンドのキャリーは、ライルをとても心配してくれてる。

ライルが、自分の創作の幅を広げようとしているのを知り、キャリーはモデルを引き受けてくれることになった。

ある日、キャリーはマイクの子を妊娠していることをライルに打ち明ける。

"マイクに話すべきだ"とライルに言われ、キャリーが妊娠のことを打ち明けようとしたその日、医師であるマイクは、Doctors Without Borders(国境なき医師団)の仕事のため7ヶ月間アフリカに行くとキャリーに告げるのだった。

結局、キャリーの妊娠を知らずに旅立っていってしまうマイク。

残されたキャリーは、ライルに出産のパートナーを頼む。

ライルのモデルをしたり、一緒に出産の準備をしたりするうちに、2人の関係はただの友達というには微妙な雰囲気になっていくのだが・・・。

 

監督、主演、ロブ・モロー。

脚本にも参加している。Small Film。

 

トゥレット症候群という名前を初めて知った。

自分ではコントロールできないチック運動のため、社会生活に支障が出てくる様子がよく描かれているし、実際、ライルの症状が出る時にはカメラのアングルがライル目線になるので、私たちにもその様子がよくわかる。

 

子供のころに発症し、実際のところ家族にも理解してもらえず悩んでいる上に、親友の彼女を好きになってしまってますます悩み多きライル。

 

ライルは、繊細で、優しくて、内気で、親友の彼女を奪うなんてできない。

それどころか、なんとかマイクに子供のことを伝えようと、必死に連絡先を調べる姿なんて・・・

泣かせるじゃないか。

なのに、そのシーンはとってもコミカルだったりする(笑)。

そんな風に自分の気持ちを懸命に抑えながら、身重の彼女を気遣う姿が切ない。

 

彼女とお腹の子の為にヘルシーな料理を作ってあげるライル。

その中に豆腐が入っているのだけど、

"豆腐はイヤ。気持悪い"というキャリーに、

"でもたんぱく質を摂らないと。ちょっとでいいから食べて"なんて2人の会話。

トーフ気持悪くてゴメンよ!フン(笑)と思いつつ、この2人がうまくいけばいいのにな~と。

こういう作風好きだなぁ。

切なくてかわいくて純粋で。

 

絵画と彫塑をやるアーティストを演じるロブだけど、スケッチしてる姿が決まってる。

普段、写真は撮るらしいけど、絵も描いたりするんだろうか。

 

ライルのバスルームの鏡に、エイリアンが逆さ張りつけになってるのがカワイかった♪

広告を非表示にする