今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

ザ・マジックアワー (2008)

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
巨大なセットを組み立て、豪華な出演者を贅沢に使ってて撮ってしまった作品。
映画の中で舞台を見ている感じでもあり、映画の中で映画も撮っているし、映画の鑑賞もしている。

<ストーリー>
ギャングのボスの女を寝取った手下の備後、命と引き換えに幻の殺し屋デラ・富樫を探し出して、ボスのもとへ連れてくる。
殺し屋など知るはずもない備後は、無名の俳優・村田を殺し屋に仕立て上げて連れてくる。村田には「映画の撮影」だと偽って。

メインのストーリーというより、コネタ的なものが可笑しい。

佐藤浩市さんの演じる村田の行き過ぎた演技もいい。こんな役も演れるのかと。イメージ変わりましたね~。

戸田さんはさすがの安定感。

意外によかったのは、綾瀬はるかちゃん。キツ過ぎなくていいですね。

妻夫木くんは、ガスパッチョでした(笑)

三谷幸喜監督作品は、作品よりプロモーションの方が面白く、主演より監督の方が面白かったりするんだけど・・・(笑)「THE有頂天ホテル」は途中でギブアップしてしまいましたが、これは面白くて最後まで楽しめた。

いつもの作品より、マイルドな感じがよかった気がする。

広告を非表示にする