読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

Better Call Saul (2015) ベター・コール・ソウル

いきなりのモノクロ映像に、何事?と思ってみていると・・・。ショッピングモールの一角にあるシナボンシナモンロール専門店)の店のカウンター内で挙動不審な男が1人。どうやら店長のようなのだが、人目を避けビクビクしている。このシナボン店長はまちがいなくソール・グッドマンだ。いったい彼に何が起こったのだろう。

img

ジミー・マクギル

若い頃は「スリッピング・ジミー」という名を持つワルだった。兄で弁護士ののチャックに助けられて、更生する。

img

ソール・グッドマン

ブレイキング・バッド」でおなじみのあの胡散臭い弁護士。

全米で大ヒットしたドラマの中に出てきた脇役で、ひときわ光っていた2人がここでは主役だ。1人はもちろんソール・グッドマン。でもこのお話は、彼がソール・グッドマンになる前の、ジミー・マクギルだった頃のお話。そしてもう1人はといえばマイク・エルマントラウト。

詐欺師上がりの弁護士と、元悪徳警官のマイクがどうやって出会ったのか、彼らのミステリアスな過去はどうなっていたのかが少しずつ明らかになっていく。マイクとジミーは陰と陽という違いはあるけど、どこか似たところを持つ2人。どちらも目が離せない。

img

ジミーにはエリート弁護士の兄チャックがいる。兄に憧れるジミーは、働きながら苦労して弁護士になるが、チャックには認めてもらえていなかった。そんなこととは知らないジミーは、電磁波過敏症で社会生活がままならないチャックため、日々の生活を献身的にサポートしている。激安の弁護案件で必死に稼いで。

善人てなんだろう。そんなことを考えさせられるコメディ。人が犯罪者であるかどうかは法によって決められるが、善人と悪人は法律では決められない。

1話目が無料だったので試してみたら、期待以上の面白さであっという間に全話みてしまいましたとさ。全10話だから短いの。「ブレイキング・バッド」は主人公の身勝手さについていけない場面も多かったので、スピンオフのこれも同類かなぁという心配をあっさり吹き飛ばしてくれました。思わず応援したくなってしまうジミー。これのあとに「ブレイキング・バッド」を観るのもおもしろそうなので、こっちを先に観るのもアリ!

オープニングのタイトル映像が毎回違うので、ついつい飛ばさずに見てしまいます。

play 今すぐ観る

広告を非表示にする