読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

Better Call Saul (2016) ベター・コール・ソウル 2

"SG was here."

ジミーがビルのゴミ集積場の壁に刻んだ文字。SGはソール・グッドマンのこと。またもや第1話目の冒頭はモノクロ映像のシナボン店舗から。

img

ジミー・マクギル

若い頃は「スリッピング・ジミー」という名を持つワルだった。兄で弁護士ののチャックに助けられて、更生する。

img

ソール・グッドマン

ブレイキング・バッド」でおなじみのあの胡散臭い弁護士。

昔の友達を亡くして、気が抜けてしまったり、大きな事務所に入ったもののなんだか落ち着かないジミー。まともになろうとがんばっているのにね。チャックとの兄弟関係はますますこじれて、チャックがジミーの行く手を阻む。

img

どうしよう。困ったことになったぞ。ジミーじゃなくてわたしが。だって、ジミーのことが気になって仕方がないんだもの。すっかりハマっちゃった。

ジミーみたいなタイプが本物の詐欺師なんだろうな。口は達者だし手先も器用で気持ちも優しい。自分でやっていることが正しいって信じてやっているからどうしようもない。しかも、たいてい誰かのためを思っての行動だから質が悪い。「ホワイト・カラー」のニールも憎めないキャラだけど、彼の場合は騙すぞっていう自覚があるからね。

【関連】White Collar ホワイト・カラー の記事

さて、もう1人の注目の人物マイク。しゃべりっぱなしのジミーと真逆で、マイクのシーンはセリフのないままずんずん進んでいったりする。

ジミーはこのあとどうなっちゃうんだろう。シーズン3で終了みたいなので何らかの決着がそう遠くない時期に観られるのかな。とはいってもUSでもまだ始まっていないから、まだまだ先か。できれば終わってほしくないなぁ。楽しいんだもん。

最終話では、とうとうチャックの罠にはまるジミー。もしかして、この件から冒頭のモノクロ映像のストーリーに続くのかしら。

play 今すぐ観る

広告を非表示にする