読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

Bleak House Episode 6

Bleak House ブリークハウス ジリアン・アンダーソン

Bleak House (2005)

BBC ONE

2005年11月11日(金)放送

 

ジョージは彼の要求に対して話し合うためにタルキングホーンに会う。スモールウィードはジョージからできるかぎり搾り取るために追い詰めるが、タルキングホーンに時機を待つように言われる。ジムに戻って、ジョージは自分自身とアシスタントのフィルの将来を心配する。

ガピーはまだエスターに未練があった。彼は酔っ払いのクルックに会いに行く。ホードンの名前を言う際に、クルックは彼のラブレターを焦らしながら見せたけれど、ガピーに手渡すことはしなかった。

デッドロック家はチェズニーのローンスウェル氏を迎えた。彼の息子はデッドロック夫人のメイド ローズと恋仲で、ローンスウェルは彼女に教育を受けさせるためにつれて行きたいと思っている。レスター卿は彼の一家の名誉を侮辱されたと思い込んでいるので、デッドロック夫人は娘同然の彼女を手放すこ決断を強いられる。

その後、デッドロック夫人は別の訪問者ガピーを迎える。彼は最近の調査報告(エスターの本名がホードンであることも含め)する。彼女はクルックがニーモから盗んだ手紙の回収するという彼の申し出を受ける。

Bleak Houseもまたアラン・ウッドコートの母親を迎えていた。彼女はエスターを息子のパートナーにふさわしいと思っていない。

エスターとチャーリーはジョーが深刻な病気であることに気づく。彼らはジェニーとともに彼を探し、スキンポールの忠告を無視して、彼の面倒を見るためにBleak Houseへ連れて行こうとする。

しかし、真夜中、ジョーは突然姿を消し・・・

広告を非表示にする