今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

Bleak House Episode 8

BBC ONE

2005年11月24日(木)放送

 

エスターはジャーンダイスにウッドコートとの関係を打ち明ける。彼女は醜くなることで彼に愛されなくなると感じている。ジャーンダイスは自分の気持ちを彼女に隠し続けておくべきか悩む。

ガピーはニーモの手紙をスモールウィードから奪えなかった。

タルキングホーンはデッドロック夫人の秘密に近づきつつあった。ジョージ軍曹は筆跡サンプルとしてニーモが書いた書類を提供する。そして、ニーモはキャプテン・ホードンであることに間違いは無かった。

一方、エスター、エイダ、チャーリー、ジャーンダイスはボイソーンを再び訪問する。エスターとエイダはチェズニー・ウォルドを安保しているときにデッドロック夫人に出会った。夫人はエスターが一人になったときに話しかける。

デッドロック夫人は自分はエスターの母だと告げる。ショックを受けるエスターに、夫人は、自分が産んだ時、赤ん坊は死んだと教えられていたが、最近、本当は生きていることを知ったと言う。秘密を打ち明けたものの、夫人はこのことは誰にも知られないようにと言った。そして2人は2度と会うべきではないと。

 

Bleak House (2005)

Bleak House (2005)

 

あぁ、感動の親子再会シーンなのよー。涙なくしては見ることはできないの。どうがんばっても似ても似つかない母と娘のキャスティングに萎えそうなのに2人ともステキ。泣けます。。。

英語だと"There wasn't a dry eye in the house watching this." って言うらしい。

ホントに素晴らしい演技なのでGG賞はGillianにあげてください!!(誰に頼んでんのか)

 

 

>>View

 

L Dedlock: This story has no happy ending.

This must be first and last time, my dear daughter.

 

Esther: I am the one who will bring calamity and disgrace to the house. It is true what Miss Barbary said. It would have been better if I had never been born.

 

L Dedlock: No, no, no.

Try and forgive me, my child.

広告を非表示にする