今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

Click (2006) もしも昨日が選べたら

もしも昨日が選べたら [Blu-ray]

仕事人間マイケルをアダムが演じている。
仕事ばっかりで家族は不満。気持ちはあるけど時間が無い彼は、家族との時間も持てずに、仕事にのめりこんでいる。その仕事も順調なわけではなく、家族にも仕事にも振り回されて、何一つ思うようにいかない。イライラしながらTVのスイッチを入れようとするが、リモコンが多過ぎてTVすらまともに付けられない。自分では何もコントロールできないことに頭にきて、Bed, Bath and Beyond store に買いに行く、ユニバーサル・リモートコントロール
売り場で探しながら歩いていると、ベッド売り場にたどり着く。疲れていたマイケルはちょっとそこに横になってみると、売り場の奥、目線の先にBeyondへのドアが見えた。マイケルはそのドアを開けて中に入ってみると、ひとりの風変わりな男がいて、マイケルが探しているものがあると言う。
そこでマイケルはユニバーサル・リモートコントロールを手に入れる。それは、その名の通り全てのものをコントロールしてしまうリモコンだった。

ベッドに寝転んだ時点で、あ~夢落ちだな~ってすぐに予感させるんだけど、そこはちゃんと2段落ちになっていて、最後にがっかりさせない。

 

最近、いいお父さん役がすっかり板についてきた感じのアダム。今までは小さい子供の親だったけど、今回は死ぬところまで演じているのでかなり老けメイクもしたり、途中、激太りもしたりして特殊メイクで笑わせてる。いちおーちゃんとしたテーマがあるけど、いろいろ小ネタが仕込んであって面白い。小ネタ好きの私は、特殊メイクより、メインテーマより、そっちの方が嬉しい

 

今回、ショーンは、マイケルの奥さんの再婚相手役でしっかり登場してた。相変わらずいたぶられ役だった(笑)。彼は「24」に出るよりアダム・ファミリーにいた方がしっくり来ます。

ロブが見当たらなかったけど、見逃したのかな~?と思って、DBをチェックしたらやっぱり出てる!見逃してるらしい。今回はアンクレジットだったので、見つけるつもりで見てないと見逃すような役だったのかも・・・もっかいそのためだけに見てみようかな(爆)・・・にしてもPrince Habeebooって一体・・・

広告を非表示にする