読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

Das Leben der Anderen (2006) 善き人のためのソナタ

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]

英題:The Lives of Others

第79回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品

 

<ストーリー>

1984年の東ベルリン。

東ドイツの諜報機関のヴィースラー大尉は、反体制の疑いのある劇作家ドライマンを監視することになる。

ドライマンのアパートのいたるところに盗聴器が仕掛けられ、ヴィースラーは証拠を得るため徹底的に監視を続ける。

しかし、盗聴を続けるうちに彼の中に変化が生じ始める。

 

 

東ドイツ政府の徹底振りには、驚いてしまう。

あんなことが、公然と行われていたのかと。

だって、盗聴器なんて、あんなに大勢で仕掛けに行ったり、それを見た隣人には脅しをかけて黙らせるなど当たり前、むしろ「密告して来い」くらいな勢い。

知らぬは盗聴されてる本人だけ。みたいなことになっちゃってる。

 

あ~怖い。。。

 

ラストは、なんともいえない絶妙な終わり方。

へぇ~これがドイツ映画なのかぁと。

ハリウッドでは生まれない作品だなぁと。

 

実際、主演のウルリッヒ・ミューエは元妻に監視&密告されていたという過去があるらしいが、どんな気持ちでこの役を演じていたんでしょうか。

残念ながら彼は2007年に胃癌でお亡くなりになってしまったそうです。

 

 

見た目の地味さに、なかなか手をつけなかった作品だけど、見てよかった。

心の中の何かがモゴモゴし始める。

きっとヴィースラーの感じた何かを、ほわぁんと感じることができると思いますよ。

広告を非表示にする