今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

Empire of the Sun (1987) 太陽の帝国

 

<キャスト>

 

まさかこの作品を見ることになるとは思わなかった。

クリスチャン・ベール子供時代なんて、そんなに興味なかったし

スピルバーグ監督作品だし

戦争モノ(ミュージカルと同じくらい苦手)だし。

 

もうね、全部ごめんなさい。

私が間違ってました。

見てよかったです。

クリスチャンがよすぎて、マルコヴィッチも霞むっていうの!

これは、当時の大人たちが、こぞってもてはやしたのがよくわかります。

だって、こんな子役いたら(いたんだけど)すごいもの!

スピルバーグの奥さんが、監督にゴリ押ししてくれなかったら実現しなかった話だもんね。

いろんな力が働いて、彼は出るべきところに出たのだな〜。

まぁ、出来が良すぎて

その後の彼の人生にいろいろ影響を及ぼしてはいるけれど

それも含めて今のCBがあるのだなーと納得する1本です。

 

伊武雅刀なんて、すっごいCBと絡んでたし

山田隆夫との、車のシーンは笑わしてもらいました。

ガッツもすごいよねー、クリスチャン・ベールと共演したんだよ〜。

後にボクサー役やったCBだけど、ガッツは本物だって知ってたかな〜?(笑)

撮影の合間にCBに向かって「OK牧場」とか言ったりしたのかなぁ、ガッツ・・・。

 

CBも、日本語のセリフ言ってたな〜。

結構、長かったけどちゃんと日本語に聞こえてたよ!えらいえらい。

無理やりダメ出しするとしたら、歌のシーンで口パクがバレバレだってことくらい?

 

2時間半の長い作品だけど、全然長さを感じさせない。

むしろもっとジェイミーを見ていたいと思ったくらいだった。

 

今まで、スピルバーグ激突E.T. だけ

なんてひどいこと言ってきたけど

これからは、E.T. 太陽の帝国だけ

って言うことにするよ(激突はずすのか?!)。