読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

The Killing (2013) 17人の沈黙

警察を去ったリンデン。息子のジャックとは離れてしまったけれど、年下の彼氏もできて楽しく暮らしているみたい。あのリンデンの笑顔が見られる。驚き。

一方、新しいパートナーと仕事を続けているホールダーもすっかり様変わり。スーツ着て、ベジタリアンで、ドラッグとはすっかり縁を切ったようで見違える。検事の彼女もできた。

そんな中、昔、リンデンが担当していた連続少女殺害事件の容疑者が冤罪である可能性が出てきた。死刑執行間近になって。

f:id:iamamo:20170202200123p:plain

呼び寄せられるように、リンデンは戻ってくる。そして、またホールダーと組むことになる。因縁。

今回も、見応えありました。獄中の死刑囚とその家族、少女たちの生活や、葛藤も含め、やっぱりこのドラマは描き方が丁寧だ。リンデンの過去もさらに詳しく描かれていて、彼女も一歩間違えばこの少女たちのようになっていたかもしれないと思わせる。だからこそリンデンがこの事件に入れ込むのだということも。死刑囚のストーリーと被害者の少女たちのストーリーが、どうやって交わっていくのかが、最初はなかなか見えてこない。徐々に見えてき始めたかと思ったら、とんでもないことが待ち受けていた。最終話にいろんなことが詰め込まれすぎているので、ちょっと違和感があるけれど、最後まで目が離せない展開。

f:id:iamamo:20170204220404p:plain

リンデンが住んでいる家が気になる。Xファイルのシーズン10のエピソードに出てくる家に似ている。撮影場所もバンクーバーだし、会社もFOXだし、同じっていう可能性あるよね。

実はまだあるんだけど、最初から気になっていたのは、主役のリンデンが赤毛で、相棒がホールダー(音がモルダーに似てる)っていう名前。さらに、このシーズンでは、リンデンが不倫関係だった元相棒が上司として戻ってくるのだけど、彼の名前がスキナー。ちょっと出来過ぎって思うのは、考え過ぎ? Xファイルが好きだからって、なんでも共通点探しちゃう。

play 今すぐ観る

広告を非表示にする