今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

Out of Africa (1985) 愛と哀しみの果て

愛と哀しみの果て全然「愛と哀しみの果て」なんかじゃないです。
オススメの1本

 

誰もいいひとなわけでもなく(かといって悪人ではないんだけど)、一人の女性の半生が淡々と、でもドラマチック(なのに実話)に描かれていて、見ごたえのある作品でした。

私が説明するととても陳腐になるのは目に見えているので、あまり多くは語るまい・・・

とりあえず見るきっかけを作ってくれたGillianに感謝。彼女のオススメじゃなかったら一生見なかったかもしれないからね。

 

カッコよかったな、カレン。

カレンを演じたメリル・ストリープはやっぱり只者じゃないんだろうなぁ・・・きっと。

ロバート・レッドフォードがとっても皺皺だったので、いったい何年の映画なんだろうと思って見たら1985年だったのでビックリしました。遠目にはめちゃめちゃ若々しく見えたのになぁ・・・。

 

とにかく、161分という長い作品ですが、魔法にかけられたように魅入ってしまう不思議なパワーを持つ作品です。騙されたと思って見るべし。

広告を非表示にする