読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

The Queen (2006) クィーン

やっとー見ましたー!
よく出来てたと思います。
映画全体というよりは、ヘレン・ミレンかっこいいー!うまいー!
という印象が強く残るけれど、ストーリーも非常に興味深いものがありました。

 
 

故ダイアナさんと彼女の活動について詳しいことは知りませんが、この映画を見た後、彼女に対しては、一体この人は何がしたかったんだろう?という印象を改めて受けました。そして、エリザベス女王には、いろいろ苦労が耐えなくて大変そうだなぁという思いになります。

他のキャラでは、女王のママがいい味出してました。女王の心の支えになっていながらも、その存在がなんだか妖怪のようでもあり、かわいらしくもあり。それに引き換え、チャールズの描き方(というか扱いがというか)がひどすぎて笑ってしまいました。

ヘレンは、さすがエリザベス1世を演じただけあって、気品とか威厳とかそういうものはOK。そして、立ち振る舞いも話し方もかなり研究したのでしょう。本人を彷彿させます。

エリザベス女王を2人も演じてしまうなんて、しかも、両方とも主演賞を受賞してしまうなんて、すっかりクィーン女優という感じ。

広告を非表示にする