今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

The X-Files 5-20 The End ジ・エンド

バンクーバーで開催されたチェスの大会で、プレイ中にプレイヤーが何者かに射殺される。事件を担当するのは、スペンダー。しかも、モルダーだけ捜査から外されている。でも、勝手に割り込んでいくのがモルダースタイル。捜査会議に入っていって、「狙われたのは、対戦相手の12歳の少年の方だ」と言い当てるモルダー。

捜査会議に参加していたダイアナもモルダーに加勢する。それは誰?

その後、ダイアナ、モルダー、スカリーの3人で、少年に会いに行く。ギブソンは見事に3人の関係を見抜く。本当は隠しておきたかったっぽいモルダー。知らぬはスカリーだけだったのだ。ザワザワした心を抱えて、スカリーはローン・ガンメンの元へ向かう。ダイアナがモルダーの元カノだったことを知り、ますますザワザワ。スカリーってばモルダーのことをそんなに・・・。

山小屋にこもっていたCSMもクライチェクが迎えに行く。CSMを呼び戻したのは、彼を抹殺しようとした張本人たち。どうやら手に負えない汚れ仕事を頼むためのようだ。CSMは嫌味の一つも言っては見たものの、なんだかちょっとうれしそうに、その仕事を引き受ける。その仕事とは、もちろんギブソン少年を葬ること。

ギブソン少年、ダイアナ、クライチェク、シンジケートのおじさん方、CSMも復活して、ジェフリーに父親宣言。と、役者はそろった。いよいよですよ。ここから、映画を通って、シーズン6に突入です!コレを見ないと、次のシーズン以降のお楽しみが半減します。

モルダー、モテ期?!
BD

CSMが、サマンサのファイルだけを持ち逃げして、XF課に放火。なんてやつだ!!火傷してしまえー!バイバイバンクーバー

広告を非表示にする