読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のドラマはアメリカン

海外のTVドラマを楽しむブログ

Bleak House Episode 15

Bleak House ブリークハウス ジリアン・アンダーソン

Bleak House (2005)

BBC ONE

2005年12月16日(金)放送

 

デッドロック夫人が亡くなって数ヵ月後。

リチャードの病気は深刻だ。エスターがエイダの元をたずねると、彼女はリチャードの病気に絶望的になっている。エイダは妊娠もしていているが、リチャードが子供の顔を見ることはできないだろうと思っている。

ウッドコートはエスターに、ジャーンダイスが北部に開業できる場所を見つけてくれたことを話す。彼はそこで仕事をするつもりだが、その前に、エスターへの気持ちにケリをつけるため彼女にプロポーズをする。彼はヨークシャーへ自分と一緒に来てほしいと言うが、エスターは、ジャーンダイスと婚約していて結婚する予定だと言い、彼の申し出を断る。

エスターの心は揺れていたが、翌朝、ジャーンダイスに自分たちの結婚の日程を決めるように頼む。そして1ヵ月後に結婚することにした。

一方、スモールウィードはクルックの持っていた書類の中から重要な書類を見つけた。ジョン・ジャーンダイスの遺言状か。最高裁は決着する。

ジャーンダイスはエスターとの婚約を解消する。彼は彼女がウッドコートを愛していることを認識し、2人が結婚できるようにする。

 

 

ジャーンダイスは、エスターを開放するだけでなく、彼女とウッドコートのためのBleak Houseを建ててやる。なんてええ人なんやろか。

 

1~14話まではものすごいサスペンス調だったのに、最後の1話だけ急に和んでて拍子抜けな気もしたけど、とにかくめでたしめでたし。よかったよかったよかったよー。でもないか^^; 

デッドロック夫人が出て行ったショックでレスター卿は脳卒中で倒れてその後半身不随になっちゃうし、リチャードは死んじゃったし。デッドロック夫人はかつての恋人ホードンの墓地でなくなったけれど、レスター卿が立派なお墓を建てて埋葬してくれた。

 

う~ん、10数時間楽しかった。コスチューム・ドラマもちょと面白いかも。

以前放送された「エリザベス1世」を見て、あーこれはエミー賞でヘレンに負けても仕方ないかぁ・・・なんて思ったことを申し訳なく思います。もちろんヘレンもすごかったんだけど、ジリアンも全然負けてないっていうことがよーーーーくわかった。

広告を非表示にする